2013年11月01日

PC小技集64

2014/04現在 Google 20件数表示がIE8では出来なくなった。IE9は出来る。
◆Google 20件 インスタント(auto-complete)無効,完全一致
  https://www.google.co.jp/webhp?complete=0&num=20&tbs=li:1
◆Google 20件 完全一致 (インスタント(auto-complete)有効)
  https://www.google.co.jp/webhp?num=20&tbs=li:1&as_qdr=all
  (注)IE8は&as_qdr=all不要、IE9は必要
◆Google 20件 類似あり (インスタント(auto-complete)有効)
  https://www.google.co.jp/webhp?num=20&as_qdr=all
  (注)IE8は&as_qdr=all不要、IE9は必要
日本語のページはさらに&lr=lang_ja (但し完全一致はなくなる)
期間指定をすると完全一致はなくなる&as_qdr=yは1年以内、&as_qdr=y3は3年以内
,
Googleインスタント検索とGoogleオートコンプリートを無効にするには、Google検索の
アドレスにパラメータ complete=0 を付け加えます。
  http://www.google.co.jp/webhp?complete=0
Googleインスタント検索を無効にする | 無題
http://nonsubject.blogspot.com/2011/07/google.html
,
検索ツールの「完全一致」を最初からOnにできるので「類似の検索の結果」を停止できる。
  http://www.google.co.jp/?tbs=li:1
副作用(ヒット件数が検索ツールのメニューで隠れる、ヒット件数は検索ツールクリック)
使用したキーワードあるいは検索結果によっては、1ページ目の表示件数が少なくなったり
「類似の検索の結果」が消えない場合があるようです。
「類似の検索の結果」について - Google グループ---2013/03
http://productforums.google.com/d/msg/websearch-ja/iKrNNVwGo5Y/1J7427IUaAgJ
http://s.webry.info/sp/backy0175.at.webry.info/201303/article_4.html
,
&as_qdr=yは一年以内、&as_qdr=m3は3ヶ月以内、&as_qdr=m6は6ヶ月以内、
&as_qdr=allは指定なし、という意味です。
Googleの検索結果表示を期間によって絞り込む方法 - GIGAZINE
http://gigazine.net/news/20060308_google_avdanced/
,
complete=*** には オートコンプリートで表示される候補を何件にするか決める役割が
あり、complete=0 候補0件、complete=1 候補最大1件、complete=2 候補最大2件、-----
Google インスタント検索について - 公式ヘルプフォーラム ----(PC小技集52)
http://www.google.com/support/forum/p/websearch/thread?tid=700d4529b6bddbb1&hl=ja
,
Google検索のパラメータ(URLパラメータ)一覧 - fragment.database.
http://www13.plala.or.jp/bigdata/google.html
,
◆「プログラムから開く」の 削除方法
通常登録方法は一度「既定のプログラムを選択」で登録したいアプリを選択するだけ。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FileExts\.拡張子\OpenWithList
該当のプログラムのexeファイル名のエントリ、右クリックして削除
,
Win8とWin7sp1では、この方法が通用しないプログラムが多くなってきました。
例えば、拡張子[html]の「プログラムを開く」の一覧からIE、Firefox、Google Chrome、
OpenOfficeなどを外す方法はかなりややこしくなっています
(良い方法が見つからない状態です)
現在、このページの手法で登録解除できるプログラムは、手動で追加したもののみ
,
「ファイルを開くプログラムの選択」からプログラムを削除する方法
http://freesoft.tvbok.com/tips/pc_windows/openwithlist.html
Windowsスマート---Win 8編: <既定のプログラムの選択>で発生するエラーを修正する
http://news.mynavi.jp/column/windows/243/index.html
,
◆右クリックメニューの追加
・フォルダを右クリックしたときのコンテキストメニューに追加する場合
 HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell
・ドライブを右クリックしたときのコンテキストメニューに追加する場合
 HKEY_CLASSES_ROOT\Drive\shell
・フォルダとドライブ両方のコンテキストメニューに追加する場合
 HKEY_CLASSES_ROOT\Folder\shell
・フォルダの何もないところを右クリックしたときのコンテキストメニューに
 追加する場合(Windows7〜)
 HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\Background\shell
例 
[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\cmd\command]
@="cmd.exe /k \"cd %l\""
,
右クリックのコンテキストメニューを追加(Windows)|BlueSkym
http://ameblo.jp/ana78001/entry-11096705770.html
,
◆Windowsのシステム修復機能『sfc /scannow』
PC不調の原因が「Windowsのシステムファイルの一部が破損または書き換えらた」もので
あった場合、コマンドプロンプトから『sfc /scannow』と入力すればシステムが修復され、
意外と簡単に元に戻る可能性があります。
不整合が発見されると、自動的に修復されます。
修復の際にインストールディスクが必要になる場合もあります。
,
Windowsのシステム修復機能を試してみよう
http://freesoft.tvbok.com/tips/windows/sfc.html
,
◆インストールCDを使わずにOSコンポーネントを追加する(2009/03/27 更新)
手順1―ファイルのコピー
 インストール・ソース・パスを変更する前に、CD-ROMからファイルをコピーしておく。
 Windows NT/Windows 2000/Windows XP/Windows Server 2003の場合は、CD-ROMの
 \I386というフォルダを、そのままハードディスク上へコピーする。
 例えば、C:\I386やC:\CDROM\I386となるようにコピーする。
手順2―レジストリの変更
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Setup
 右側SourcePathの値 パス指定。NT系OSの場合はI386フォルダの親フォルダ
x64版(64bit版)のWindows OSの場合、インストールCD-ROMには\I386フォルダに加えて、
さらに\AMD64というフォルダも存在する
,
@IT:Windows TIPS -- Tips:Windows OS CD-ROMのインストール・パスを指定する
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/534instcd/instcd.html
,
◆I386 場所
通常OEM版は下記 ----(最近のHDDリカバリではI386はない)
C:\WINDOWS\I386 ---sp含むか,sp前 %windir%\i386
C:\WINDOWS\ServicePackFiles\i386 ---sp後 %windir%\ServicePackFiles\i386
,
◆Win7 エクスプローラ アクセス拒否(場所が利用できません)
セキュリティの詳細設定では「現在の所有者」は「SYSTEM」
フォルダの所有権を取得するには
[セキュリティ][詳細設定][所有者][編集][Admin---を選択]
[サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える]チェック[OK]
\Documents and Settings --- \Users
\Documents and Settings\ユーザー名\My Documents --- \Users\ユーザー名\Documents
ファイルまたはフォルダを開くときに発生する "アクセス拒否" に関するトラブル---の
(3/3)新しいバージョンの Windows をインストールした後、フォルダを開けなくなった。
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-vista/Troubleshoot-access-denied-when-opening-files-or-folders
所有権の取得方法・所有者を変更してもアクセス許可が出ません - マイクロソフト コミュニティ
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-files/%e6%89%80%e6%9c%89%e6%a8%a9%e3%81%ae%e5%8f%96/1ad21f44-dca9-4a8f-8281-d1b7d8cf45d8
元のSYSYEMに戻す方法が分からない---困った
,
何かの手違いにより、サブフォルダ・オブジェクトの「アクセス許可エントリ」欄が
空っぽになることがありました。原因は不明ですが…復旧に非常に悩んだのでメモ
1.プロパティの「セキュリティ」
[現在のアクセス許可の設定を表示または編集するアクセス許可はありませんが、
所有権を取得するか、または監査設定を変更することができます。]と表示されます。
この時点でアクセス許可エントリ欄は空っぽです
2.[詳細設定]
3.[所有者]タブにて[他のユーザーまたはグループ(U)]
4.機器がActive Directory配下の場合は、Localを指定して、LocalのAdministratorを
指定(既に登録されていたとしても改めて)し、[OK]。
5.「サブコンテナとオブジェクトの所有権を置き換える(R)」にチェック
(※重要※これを入れないと孫フォルダ等に変更が適用されない)
6.[OK]すると、適用画面がしばらく表示され終了。
7.最後にあらためて最上位フォルダにて「子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリ
を、ここに表示されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置換する(P)」を
実施。エラーが出たら処理抜けなので、当該場所で1.〜6.を実施。エラーが出なければOK。
WindowsのACLで「アクセス許可エントリ」欄が空っぽに - P-SQUARE MIDI Site
http://d.hatena.ne.jp/psquare/20100330/p1
,
◆Win7 仮想フォルダ、ジャンクションを消したい、止めたい---ダメ
「\Documents and Settings」フォルダーは互換性維持のため、「\Users」フォルダーに
対するジャンクション(ソフトリンク)に変更されています。
しかし、ジャンクション自体はフォルダーに対するリンクに限定されているため、
同フォルダー上でファイルを作成しても、「\Users」フォルダーにファイルが生成される
わけではありません。そういう意味では無用の長物と言えるでしょう
Windowsスマートチューニング (107) Win 7編: ユーザーフォルダーを-----
http://news.mynavi.jp/column/windows/107/index.html
%USERPROFILE% C:\Documents and Settings\(ユーザー名) C:\Users\(ユーザー名)
Application Data %USERPROFILE%\Application Data %USERPROFILE%\AppData\Roaming
,
「Documents and Settings」のジャンクションが用意されているのは後方互換性のため
であり、ユーザーがアクセスするためではないので、ユーザーが直接参照できないよう
に設定されている。
「Documents and Settings」フォルダの中に格納されているフォルダやファイルを
参照することは可能だ。たとえば、アドレスバーに
「\Documents and Settings\<ユーザー名>」と入力してアクセスすると、
「\Users\<ユーザー名>」と同じ内容が表示される。つまり、Vistaをサポートして
いないアプリケーションが「\Documents and Settings\<ユーザー名>」フォルダ以下に
アクセスしようとすると、自動的に「\Users\<ユーザー名>」以下にアクセスすると
いうことだ。
サクッとおいしいVistaチップス 14枚め:Vistaのジャンクションを理解する - ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0706/29/news031.html
,
プログラムや、データを実行ファイルと同じフォルダに保存しているプログラムで、
ユーザーが意識しているフォルダと実際に保存されるフォルダが違うことになります。
ポリシーの中には、UAC を有効にしたままでも仮想化は無効にする設定項目があります。
Windows 7 では、仮想化によって別のフォルダーに保存されたファイルがある
フォルダーをエクスプローラーで開くと、コマンド バーに「互換性ファイル」という
コマンドが表示されます。そのコマンドをクリックすると、仮想化によってファイルが
保存されたフォルダーが開きます。
Windows Vista/7 のファイルの仮想化(Virtualization)について
http://pasofaq.jp/windows/vista/virtualstore.htm
UACにおけるファイルの仮想化について調べてみた-片っ端から忘れていけばいいじゃない
http://0xc000013a.blog96.fc2.com/blog-entry-219.html
,
しかし、ジャンクションだけを表示、非表示の設定があると良いのに。
鍵マークの中でアクセスできないフォルダのアイコンを変えてみた(一方通行マークに)
ジャンクションと分かっていいと思うが。但し、
アイコン変えるだけで赤×アクセス拒否が黄△[続行]付(永続的アクセス---)になった。
(詳細見ても変化ないし、アイコンを既定値にしても、戻らない)
FastCopyはジャンクションをコピーできる。FAD_1_4_1はアクセス権変更できる。
C:\Documents and Settings
C:\Users\Default User
C:\ProgramData\Application Date
C:\ProgramData\Desktop
C:\ProgramData\Documents
C:\ProgramData\Favorites
C:\ProgramData\Start Menu
C:\ProgramData\Templates
C:\ProgramData\スタートメニュー
C:\ProgramData\デスクトップ
,
◆フォルダの鍵マークとは
 "authentical users" というグループ(デフォルトで変更アクセス許可)が
なくなってしまうと、アクセスに制限がかかるため、鍵のマークがつくようです。
パソコンのツボ 〜Office のTIP: 鍵のマークのついてフォルダとついていないフォルダ
http://pcclick.seesaa.net/article/224230315.html
,
[PC小技集64]---2013/11
posted by 丹波yu at 00:49 | PC小技集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。