2012年03月29日

WinXP→Win8cp デュアルブート

◆WinXP→Win8cp デュアルブート (DVD/USBブート出来ない時)
Win8cpシステム要件 ハードディスクの空き領域:16GB(32ビット) 期限2013年1月15日
WinXP上でWin8cpインストールは上書きインストールしか出来ない
Win7上でWin8cp上書きインストールは空きHDD16GBが必要(Win7の最小6+16=22GB)
,
1.WinXP→Win7評価版のデュアルブートを作る
2.Win7領域で空きHDD16GBを確保するためパーティション操作ソフト
(例EASEUS Partition Master)でD22GB以上,E,Fのパーティションサイズを変更する
(Vista以降のOSボリュームの縮小は前にしか移動できない)
---1.と2.は逆でもよい---
3.Win7でWin8cpのDVD/USBかWin8CP-setup.exeを起動し上書きインストール
4.Win7の残骸(windows.old外)を[ディスク クリーンアップ]で削除
5.必要ならパーティション操作ソフトでD,E,Fのパーティションサイズを元に戻す
,
ダウンロード終了後、下記フォルダにダウンロードデータが保存されます。
C:\WindowsESD\ 約3GB
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Microsoft\WebSetup\Sources\ 約15MB
Windows8 Consumer Preview を試す(インストールディスク作成編)
http://blackyuzunyan.blog.fc2.com/blog-entry-36.html
,
セットアッププログラムはインストールとインストール用USB/DVDの作成が可能
「他のパーティションにインストール」を選ぶと、インストール用USB/DVDが作成できる
インストール用DVDを使った場合のインストール手順
上書きインストールは「アップグレード」、新規インストールは「カスタム設定」を選択
画像で見る「Windows 8」コンシューマープレビュー版 -INTERNET Watch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/20120301_515776.html
,
◆英語配列キーボードとして認識される,半角/全角で日本語入力に切り替わらない
1、コントロールパネルからデバイスマネージャーを開く
2、デバイスマネージャーからキーボードの欄を探し出し、ダブルクリックでツリーを
展開し、該当のキーボードを探します
3、該当のキーボードの名前の上で右クリック、プロパティを開きます
4、ドライバー→ドライバーの更新を開きます
5、「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」→
「コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します」と押していきます
6、「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックを外し、microsoftのリストから
(106/109)と書かれたものから適切なものを選択し、「次へ」を押します。
大抵はMicrosoft Basic Keyboard (106/109)で大丈夫なはずです。
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_8-hardware/win8cp/ac81e6d4-9548-4498-b3cb-69126662c07e
,
◆Windows 8 の使い方 Windows 8 の設定
シャットダウン・スリープ・再起動のやり方
Windows8(設定・使い方) http://windows-8.biz/
,
世の中は不思議なことだらけ: Windows 8
http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/windows_8/index.html
Windows 8 CP のセットアップ: 世の中は不思議なことだらけ
http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2012/03/windows-8-cp-75.html
Windows 8 CP で従来型の言語バーを表示させる: 世の中は不思議なことだらけ
http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2012/03/windows-8-cp-f7.html
,
◆スタートメニュー
「ViStart」なるアプリケーションをインストールすると、従来のスタートボタンと
スタートメニューが復活します。
ViStart:スタートボタンを復活させるアプリWindows 8 Consumer Preview - ホームズ備忘録 - MB-Support パソコン初心者のサポートページ
http://mbsupport.dip.jp/mb/w8_15.htm
,
『Start8』を使えばタスクバーにスタートボタンを復活させることが可能です。
Windows 8にスタートボタンが復活する『Start8』 : ライフハッカー[日本版]
http://www.lifehacker.jp/2012/03/120314start8.html
,
-----------------Win8cpの設定--参考-----------------------------------
◆レジストリ設定は[Win7]と同じ
◆休止無効とhiberfil.sys削除
コマンド プロンプト管理者で、powercfg.exe /hibernate off と入力し、Enter
,
◆クラシック等設定
クラシック,パフォーマンス優先,仮想メモリ,フォルダオプション,画面,ごみ箱,マウス
,インターネットオプションと詳細設定,電源管理の簡単設定
,電源とスリープ ボタンおよびカバーの設定,スリープ解除タイマーの有効設定
,
◆[お気に入り→共通ドライブ]設定(マイドキュメント含む)
 regedit 
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders
右側 Favorite の値、お気に入りのフルパス
ライブラリのドキュメントのプロパティで[ライブラリの場所]の変更
,
◆Windows の機能の無効化(削除はされない)
RDC(Remote Differential Compression)
Tablet PC コンポーネント
(Windows ガジェット プラットフォーム)(ゲーム)
,
◆[不要サービス停止]設定
,
◆ジャンボフレーム対策(NAS応答なし)
MTUをルータと同値にNetTune管理者で設定する
,
◆FTTH速度調整 コマンドプロンプト管理者でコマンド実行
netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted
(確認はnetsh interface tcp show global)
netsh interface tcp set global congestionprovider=ctcp ---では設定できない
set supplemental congestionprovider=ctcp ---で設定
(確認はset supplemental 但しnetsh interface tcp show globalではnone、詳細不明)
,
◆Win8cp 常に管理者として実行する設定
Win7と異なりWin8ではUACを無効にしても管理者として実行されない。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System
 右側 EnableLUA 値 1⇒ 0 再起動
またはスタート画面で各アプリを右クリック[ファイルの場所を開く][プロパティ]
[ショートカット][詳細設定][詳細プロパティ]「管理者として実行」をチェック
,
【コラム】Windowsスマートチューニング (67) Win 7編: UAC設定をレジストリから制御
http://news.mynavi.jp/column/windows/067/index.html
,
[WinXP→Win8cp デュアルブート]---2012/03
,
-----2012/06追記---------------------
◆Win8 RP CPU互換性がありません
Windows 8 Release Preview を PC にインストールするには、プロセッサ (CPU) が、
物理アドレス拡張(PAE)、NX(No eXecute bit)、SSE2 をサポートしている必要があります。
古い製品はこの機能をサポートしてない場合があります。
CPU が NX に対応していない場合、Windows 8 RP はご試用いただけません。
,
以下は、技術的な説明(Windows 8 CP からの変更点について)
Windows 8 RPでは、インストーラが CPU の機能を正しくチェックするように、
アップグレード インストールの際の CPU 検出ロジックを変更しました。
Windows 8 RP は、マルウェア防御機能を確実に動作させるため、CPU が NX ビット機能に
対応している必要があります。この機能は、デスクトップ アプリケーションや、
Windows ストア から入手したアプリを安心してご利用いただくために、大変重要です。
Windows 8 CP では、上のような検出ロジックはなかったため、NX ビットをサポートして
いなくても、Windows 8 CP をインストールすることができましたが、
Windows 8 RP では、この機能をサポートしない古いタイプの CPU 上では動作しません。
,
また、Windows 8 RP では PAE 検出ロジックは変更していませんが、32 ビット
 プロセッサーで NX ビットが機能するためには、その前提として PAE をサポートして
いる必要があります。
,
一方、Windows 8 RP では SSE2 命令セット検出ロジックを変更しました。SSE2 命令
セットは以前から CPU の標準でしたが、Windows はこの命令に依存していませんでした。
これは、多くのサード パーティー製のソフトウェアやドライバーがこの命令を既に使用
していますが、命令使用前にチェックを行っていないため、ブルースクリーンが発生する
ことが判明したからです。しかし、2001 年頃からすべての CPU に SEE2 命令セットが
搭載されていることを考慮して、Windows 8 RP では セットアップ中に SSE2 命令
セットをチェックすることにしました
,
[Win8RP] Windows 8 Release Preview をインストール中に - Microsoft Answers
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_8-windows_install/win8rp-windows-8-release-preview/fbf1a01c-8a6b-4be9-879d-9591972deda9
,
,-----2012/08追記---------------------
◆このNXビット(インテルではXDビット)に対応しているCPUは、以下の通りである。
(すべて調べたわけではないので、このリストは不完全なものである)
Intel Pentium 4 Prescott世代の一部と、Prescott-2M以降の世代
Intel Pentium M 一部
Intel Celeron  Celeron Dシリーズ以降
Intel Core すべて
Intel Atom 一部
AMD Athlon Athlon 64シリーズ以降
AMD Phenom すべて
,
Windows 8 RTMで遭遇した問題点 ≪ Butaman-kun Project
http://btmn.jp/2012/08/16/windows-8-rtm/
【悲報】Windows 8 を古いPCに入れようとした→無理だった。古いCPUには非対応 ≪
http://btmn.jp/2012/08/19/windows-8-pc-cpu/
,
posted by 丹波yu at 18:50 | PC便利法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。