2009年10月26日

FTTH自動速度測定

◆速度測定サイト
Wild-Speed,Radish東京,eo網内

◆測定ステップ
タブブラウザで測定サイトの測定画面を開いて置く
1.Wild-Speed
タブ、測定開始、タイマー90s、更新と戻る、タイマー5s
2.Radish東京
タブ、測定開始、タイマー90s、更新と戻る、タイマー5s
3.eo網内
タブ、時刻取得、測定開始、タイマー90s、測定結果内クリック、Ctrl+A,Ctrl+C,更新、タイマー5s
---例10分毎に繰返す。尚、測定待ちの場合は更新にて測定中断にする。

◆測定データの収集
Wild-Speed,Radish東京はブラウザ履歴、eo網内はクリップボードからメモ帳に貼り付け
(参考)クリップボード履歴のテキスト保存
CliPla (85KB) http://www.gigafree.net/utility/clip/clipla.html

◆Windows 自動化ソフト
UWSC (910KB) http://www.uwsc.info/index.html
例)自動測定Wild-Radish-eo網内.UWS
 Call tab1-Wild測定.uws
  Sleep(90)
 Call tab1-Wild戻る.uws
  Sleep(5)
 Call tab2-Radish測定.uws
  Sleep(90)
 Call tab2-Radish戻る.uws
  Sleep(5)
 Call Time-eo網内記録.uws
  Sleep(5)
例)Time-eo網内記録.UWS
// メモ帳(例IP速度.txt)を起動しておく
 Call tab3-eo網内測定.uws
  Sleep(90)
ID=GETID("txt")
SCKEY(ID,VK_CTRL,V)
SCKEY(ID,VK_RETURN)
 Call tab3-eo網内更新.uws
  Sleep(5)
SCKEY(ID,VK_CTRL,V)
SCKEY(ID,VK_RETURN)
例)時刻取得
GetTime()
s=G_TIME_YY4 + "/" + G_TIME_MM2 + "/" + G_TIME_DD2 +" "+ G_TIME_HH2 + ":" + G_TIME_NN2
SendStr(0,s)

◆通常、速度測定は平日の早朝5時から7時でないと最高速度は出ない。
そこで早起きしないで測定する方法
例1.スタンバイから復帰して指定時間後、電源オフ
オートON/OFFスケジューラ autosche (68KB)  http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se422266.html
 (例)毎週(月〜金)4:29--7:29
例2.指定時刻に復帰ソフト
ねむねむ nemnem (93KB) http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se458959.html

ブラウザの履歴は[削除しない]に設定(電源オフの場合)
測定結果はブラウザ履歴(IEは下から下り速度順)

◆TRbenchで測定先URLを替えて測定する方法(測定先URLのループ)
**.txt(なぜか左端に)に測定先URLを登録し、Ctrl+Homeで先頭、Shift+↓で選択しCtrl+X、
Ctrl+Endで末尾、Ctrl+V、測定先URL:をクリックしCtrl+V、再度クリック
---後は通常通り自動測定

◆グローバルIPアドレスを替えて自動測定する方法
IPアドレスの切断、接続のルータログインは、残念ながらスタンバイ復帰が使えない
UWSCのスケジュール設定で[時間指定]か[一回だけ実行]を使えば出来る


[FTTH自動速度測定]---2009/10,rev2010/03,rev2011/01
posted by 丹波yu at 19:00 | FTTH速度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。