2008年07月22日

無線4965AGN 11nの実績

ノートPC内蔵の4965AGNで11nの実績を調べてみました。
この程度であれば40MHz幅300Mbpsを使う必要はなく以前の11nで十分と思いますが。

「AtermWR8500N」実力診断(後編) http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0801/30/news043_2.html
WR8500N(AtherosのXSPAN「送信3×受信3」のアンテナ)
 5GHz/20,40MHz幅 75.34M/69.14M
 2.4GHz/20,40MHz幅 68.26M/39.44-66.20M
WR8400N(AtherosのXSPAN「送信3×受信3」のアンテナ)
 5GHz/40MHz幅 65.15M/70.99M
 2.4GHz/40MHz幅 62.59M/63.78M
WZR-AMPG300NH(Marvell送信3×受信2のアンテナ)
 5GHz/40MHz幅 66.75M/70.96M
 2.4GHz/40MHz幅 66.90M/69.44M

IEEE 802.11nドラフト2.0「WZR-AMPG300NH」 http://japan.zdnet.com/review/editors/story/0,3800081561,20355196-5,00.htm
WZR-AMPG300NH(Marvell送信3×受信2のアンテナ)
 5GHz帯(36チャネル) 53.59Mbps/70.79Mbps
 2.4GHz帯(3チャネル) 47.77Mbps/73.79Mbps

[無線4965AGN 11nの実績]---2008/07
posted by 丹波yu at 19:40 | FTTH速度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。