2008年01月03日

FTTH速度調整 Win Vista向

VistaのFTTH速度調整について現時点での情報を整理してみました。

◆bigsky説 測定サイトについて http://hikarifiber.net/download.htm
Wondows Vistaについては、対応しているソフトもありますが現状ではMTUやRWIN等の設定は入力をしても反映されません。これはVistaの”Auto-Tuning”機能があるからです。
また、コマンドプロンプトでこの ”Auto-Tuning”を解除しても反映されません。但しAFDの設定は可能です。しかし下り側の設定は反映されません。上り側の設定だけを行って下さい。
( VistaのAFDは、レジストリ側で行うのでNetTune等のソフトで設定して下さい )
Windows Vista画像掲示板 http://hikarifiber.net/cgi-bin/vistaf/joyfulyy.cgi
Auto-Tuningを切った場合、BフレッツのRWIN値は65044や65700になるようです(Autoは66456)
海外のサイトも検索してますがWinScaleもRWINも現状では調整出来ないようだ
TRベンチ東京例Auto81.3M,disable79.8M

◆価格com [6265102] まきぱおん説 http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=6257579/
1.トレンドマイクロのサイトで「TCP受信ウィンドウの自動チューニング機能」を無効にする方法が載っていたので無効にする。
http://esupport.trendmicro.co.jp/supportjp/viewxml.do?ContentID=JP-2061440
(To change the Windows Scaling factor to 2)
コマンドプロンプトの画面が表示されたら、以下のコマンドを入力し、エンターキーを押します
  netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted
2.NetTune XP互換モードで設定
(しかし、「SpeedGuide.net TCP/IP Analyzer」では反映されない)
3.速度測定
改善している・・・上記の方法で改善できるかも知れません
Radish 下り73.95Mbps 上り19.01Mbps(北海道?)

◆別の案?
1.回避策 3 : ネットワーク カード/方法 1 ネットワークの TCP ウィンドウサイズの自動調整機能を無効にします。
・コマンドプロンプトより以下のコマンドを実行します。
  netsh interface tcp set global autotuninglevel=disabled
 (元に戻すときは、netsh interface tcp set global autotuninglevel=normal)
Windows Vista を実行しているコンピュータにおいてネットワーク経由でファイルのコピーを実施すると 通信速度が遅いことがある http://support.microsoft.com/kb/932170/ja
2.NetTune 1.6.0で設定
互換モードでWindows XP を選ぶと TCP Window Size の画面が有効
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters : TcpWindowSize
(「SpeedGuide.net TCP/IP Analyzer」では反映されない。RWIN値はおそらく見かけ上のものに過ぎず、実際に何が使われているかは、簡単にはわからない。)

◆別の案 2
1.コマンドプロンプトより以下のコマンドを実行
netsh interface tcp set global autotuning level=highlyrestricted
netsh interface tcp set global congestionprovider=ctcp

--highlyrestricted: Allow the receive window to grow beyond its default value, but do so very conservatively.
--It possible to configure the auto-tuning so it will use a RWIN of 16,384 bytes with a scale factor of 2 (16384^2*2=64K bytes). This allows the RWIN to reach the size of 262,140 bytes.
--ctcp: Use the add-on Compound TCP congestion control algorithm.
2.NetTune 1.6.0で設定
互換モードでWindows XP を選ぶと TCP Window Size の画面が有効
(「SpeedGuide.net TCP/IP Analyzer」では反映されない。RWIN値はおそらく見かけ上のものに過ぎず、実際に何が使われているかは、簡単にはわからない。)

◆Microsoft TechNet 他
The Cable Guy - 2005 年 11 月 : 次世代の TCP/IP スタックのパフォーマンスの拡張機能
http://www.microsoft.com/japan/technet/community/columns/cableguy/cg1105.mspx
The Cable Guy: TCP 受信ウィンドウ自動チューニング -- TechNet Magazine, January 2007
http://www.microsoft.com/technet/technetmag/issues/2007/01/CableGuy/default.aspx?loc=jp
RWIN値 - TechNet フォーラム
http://forums.microsoft.com/TechNet-JA/ShowPost.aspx?PostID=1133983&SiteID=36
メモ帖
http://www.netdive.jp/memo.asp

◆追記1
It possible to configure the auto-tuning so it will use a RWIN of 16,384 bytes with a scale factor of 2 (16384^2*2=64K bytes). This allows the RWIN to reach the size of 262,140 bytes.
  netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted
Note one can disable the autotunning completely, and lock the RWIN to 65536 bytes:
  netsh interface tcp set global autotuninglevel=disabled
http://smallvoid.com/tweak/winnt/network.html

◆追記2
netsh interface tcp set global rss=disabled ---enabled,default
netsh interface tcp set global chimney=disabled ---enabled,default
netsh interface tcp set global autotuning level=disabled ---highlyrestricted,restricted,normal,experimental
netsh interface tcp set global congestionprovider=none ---ctcp,default
netsh interface tcp set global ecncapability=disabled ---enabled,default
netsh interface tcp set global timestamps=disabled ---enabled,default

rss=disabled: Disable receive-side scaling.
chimney=disabled: Disable Chimney offload.
autotuninglevel=disabled: Fix the receive window at its default value.
=highlyrestricted: Allow the receive window to grow beyond its default value, but do so very conservatively.
=restricted: Allow the receive window to grow beyond its default value, but limit such growth in some scenarios.
=normal: Allow the receive window to grow to accomodate almost all scenarios.
=experimental: Allow the receive window to grow to accomodate extreme scenarios.
WARNING: This can dramatically degrade performance in common scenarios and should only be used for research purposes.
congestionprovider=none: Use the built-in standard congestion control algorithm.
=ctcp: Use the add-on Compound TCP congestion control algorithm.
=default: Restore the selected provider to the system default.
ecncapability=disabled: Disable ECN Capability.
timestamps=disabled: Disable RFC 1323 timestamps.
http://www.lavafactory.com/articles/tag/networking
http://www.tweakvista.eu/show_tweak.php?tweak=118

◆追記3
If everything else fails, you can try disabling RWIN scaling by running this as administator:
  netsh interface tcp set global rss=disabled
  netsh interface tcp set global autotuninglevel=disabled
http://ask.slashdot.org/comments.pl?sid=215132&cid=17482118

◆追記4
Window Vistaをご利用の場合は、 標準搭載されている広帯域接続機能を利用し、インターネットに接続することは可能ですが、通信速度が低下する事象が確認されています。 その場合、弊社で提供しております、eo接続ツールをインストールしてご利用いただくか、弊社からレンタル提供しておりますeo光ブロードバンドルータなどのブロードバンドルータをご利用いただくことで回避することが可能です。
Windows Vistaにおける通信速度の比較(100Mコースの場合)
利用したPPPoE接続方法  Windows Vista標準搭載広帯域接続 18.7Mbps 16.2Mbps
eo接続ツール 86.5Mbps 81.5Mbps eo光ブロードバンドルータ 87.1Mbps 82.1Mbps
eo スピード測定結果改善ガイド http://support.eonet.jp/setup/speed/speedtest.html

◆追記5
VistaでRWIN/MTU値を変更するソフト
Mz Vista Force http://cowscorpion.com/system/MzVistaForce.html
--Internet Optimizer : RWIN/MTU値を変更しインターネット速度を最適化、自動最適化--
Mz Vista Force Review http://www.softpedia.com/reviews/windows/Mz-Vista-Force-Review-68719.shtml
スクリーンショット http://mz-vista-force.softonic.com/imagenes/3

[FTTH速度調整 Win Vista向]---rev2008/01
----- 続編は下記 -----
FTTH速度調整 Win Vista向 (続) http://tamba-yu.seesaa.net/article/234693637.html
posted by 丹波yu at 00:00 | FTTH速度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。