2007年04月13日

Pagefile→末のドライブ

[Pagefile→末のドライブ]---2007/02

ページファイルをパフォーマンスのために末のドライブへ移動する

ページファイルを別のパーティションに移動すると、読み取り/書き込み要求の競合が減少。
ブートパーティションからページファイルを削除すると、デバッグ情報を書き込むダンプファイルを作成できなるが、気にしない。
推奨サイズ RAM容量の1.5倍以上。最小サイズ=最大サイズに固定すると良い
TEMPファイルも移動すると良いらしいが、キリがないのでやめる
例)[タスクマネージャ][コミットチャージ(KB)]最大値の1.5倍程のRAMにする
[コミットチャージ(KB)]最大値の1.5*1.5(=2.25)倍程のPagefileに固定する(最小最大同じ)

参考)最適な解決方法は、ブートパーティションに格納されるページファイルを1つ作成し、アクセス頻度の低い別のパーティションにもう1つページファイルを作成する方法
Windows XP で最適化と回復のためにページ ファイルを構成する方法
http://support.microsoft.com/kb/314482/ja
WindowsXPパフォーマンスアップ 2
http://www5.plala.or.jp/mikasaphp/winpup2.html
Windowsカスタマイズ - ページングファイルを攻略
http://wincustomizing.client.jp/memory-pagefile.html
Windows TIPS -- Tips:最適なページ・ファイル・サイズを知るには
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/076pgfilesize/076pgfilesize.html
Windows XP でシステム キャッシュ モードを有効にする場合の注意事項
http://support.microsoft.com/kb/895932/ja
posted by 丹波yu at 00:00 | PC便利法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。